ビルドマッスルHMBは筋肉トレーニングとの相性も抜群!

 

ビルドマッスル トレーニング
僕は筋肉トレーニングが趣味であり、さらに筋肉をつけるために必要な栄養素や有効成分を摂取するために、様々なサプリメントを摂取してきました。

ここではどんな筋トレが吉版効果があったか、どんなサプリメントが一番効果があったかなどを紹介していきたいと思います。

一番体がしまった筋トレ一番効果があると実感した筋肉トレーニングは、全身を酷使する全体運動です。

水泳や縄跳び、マラソンなど、足を重点的に使い体をひねるといった動きがあるものは効果が高いと思いました。

これらはもりもり筋肉がつく方法ではないのですが、体が細くなり、そして適度な筋肉でキュッとしまっている美しい体を手に入れることができます。

ダイエットに効果があるとも思いました。

良いサプリメントと悪いサプリメント僕がこれまで良いと思ったサプリメントは、筋肉に必要なプロテインやアミノ酸が配合している物、最近芸能人が宣伝しているプロテインの何倍もの効果を持ったビルドマッスルHMBもおすすめであり、体の代謝を促進する効果のあるペプチドが含まれている物もお勧めです。

悪いサプリメントというのは、体に合わない物、お腹を下してしまう物といった、自身の体質に合わないサプリメントだと思っています。

やはりサプリメントも食品なのでこの問題に直面する現実があります。いろんなものを試し、自分に合う物を見つけるのは時間がかかることなのです。

筋肉トレーニングで十分な効果を発揮するのは規則正しい生活を送ることが大前提です。過食気味だったり寝不足だったりと、そんな状態では筋トレを行っても十分なパフォーマンスと効果は出ません。

理想は早寝早起き、一日三食を基本とし、間食はできるだけ控え、これができ始めて筋トレを行えるのです。

要するに本気で取り組みたいのなら普段の生活を改めてください、ということなのです。

僕がこれまで経験した筋トレ法とサプリメントは以上になりますが、この方法は比較的ハードなので自分に合った軽い方法から筋トレをスタートしてください。

いきなりハードな物をやって体を壊したりしたら大変ですからね。

やっぱり筋トレは継続なり!

夏を前にして、半袖の袖口からでる二の腕、スカートから見えるふくらはぎ、人に見えてはいないけど気になる太ももがどうしても私を憂鬱にさせています。

冬の間に筋トレをさぼって、だらだらと美味しいものを食べてしまった結果だと自分でわかっていても、人目にさらされるまではついつい人間って甘えてしまいますよね。

めざせ代謝アップ

筋トレをする目的の一つに筋肉をつけて、代謝をあげることがあります。

筋肉の方が維持するのにエネルギーを使うと聞いて、代謝アップをすることが必要と思います。

そして、大きな筋肉といえば、足。

足の筋トレといえば、レッグプレスマシン。

自分の力に合わせて、重さを調整しますが、人間、自分の体重分はあげられるはずと思い、いつも体重プラス10キロにしています。

そして最近凝っているのがアブダクションマシン。

内ももを鍛えられるマシンって少ないですよね?このマシンで鍛えると内ももが筋肉痛になるのでたぶん効いているんだと思います。

レッグエクステンション、レッグカールと使います。

どれも無理に重くしなくていいと思いますが、ちょっと辛いという程度にして筋トレします。

で、代謝があがったかといえば…。

ジムで、筋肉量を計ることができるのですが、これが、トレーニングを始める前よりもアップしました。

体重はあまり変わっていませんが、筋肉量が増えて、体脂肪が減ったのです。

継続って力です。

めざせ引き締まった身体

同じ体重でもぶよぶよの脂肪ときりっとした筋肉では人からの見た目におおきなちがいがあります。

やはり夏になってぶよぶよの二の腕を出さなくてはいけないなんてちょと辛すぎます。

なので、プリーチャーカールマシンを使っています。

あとは、ウエストですね。

アブドミナルクランチやトーソーローテーションを使っています。

いずれも、軽めの重さで回数をこなすようにしています。

次の日にちょっと痛くなるくらいが一番いいのではないか?と勝手に思っています。

これで、少しでも引き締まった身体を手に入れたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です